用語集

エアライドで使用される用語や略称についてまとめました。
テクニックや走法についてはテクニックを参考にして下さい。

一輪車

バイク系を指す。
主に卑称として扱われる傾向にある。

ウィング

ウィングスターかウィングカービィの略称。
どちらの事を指すかは文章の流れで把握しよう。

エアチャージ

滑空中に空気摩擦によって自動で溜まるチャージの事。
これでチャージを貯め切った場合、オーバーヒートが起こらなくなる。
応用として、地上で貯めたチャージを空中に持ち越すエアリアルがある。

エアライド4強

エアライドにおけるずば抜けて強い性能を持つマシン4体の事。
ロケット・ジェット・スクーター・スリックとされる。

エアライド3弱

ずば抜けて弱い性能を持つマシン3体の事。
エアライドではメタナイトを筆頭として、デデデ・レックスと続く。
この3体だけ本当にずば抜けて総合タイムが遅い。
近年ではワープとワゴンを加えて5弱でもいいのではないかとの見方も。

エアリアル

ギミックジャンプ前や離陸前にチャージを維持しつつ空中に飛び出し、
着地時にチャージダッシュの速度を上乗せするテクニック。
アイルーンでは多くのマシンが使用し、スチールオーガンの大砲などでも使用される。
何の変哲もないレールや段差でも意図的に行う事も可能だが、
1Fでも急降下すると飛行時間の残量が0となるため、走法に組み込むには難易度が非常に高い。
また、チャージを貯め切った状態で空中に飛び出すとオーバーヒートが起こる場合がある。
ペリー考案。

オーバーヒート

チャージを溜めすぎると起こる。
マシンによってオーバーヒートまでのタイムは異なる。
チャージが高いほどオーバーヒートまでのタイムが伸びる。
オーバーヒート状態になると、一時的にチャージが効かなくなる。

オールカンスト

シティにおいて全ての能力をカンストさせた状態。
タイリョクが16個、それ以外の8つの能力が18個の合計160個。
テクニック、判断力、強運が必要不可欠で、能力を絞る必要があるマシンではほぼ実現不可能。
実現し、それを動画にして証拠としているプレイヤーは十指に満たない。

応用走法

特殊走法から派生した走法。
代表的なものは仮飛行から派生したホフクバグなど。

おもちゃ

ダイナブレイドを指す卑称。

下降加速

ルインズ、フォーミュラ、ターボ、ヘビーの特殊走法。
サマフ考案とされる。

カニ

サンドーラの中盤に居る例のカニ。
常に動いてる為、調整が難しくやたら嫌われている。

カニドリフト

スリックの特殊走法。通称カニドリ。
ペリー、櫻風により考案されたとされる。
デビルも使用出来るがこちらはデビドリと略される。

壁当て

効果は大小あるものの、全マシンが共通して使用出来る走法。
鎌倉により考案されたとされる。
デビル、スリックが代表的な使い手。

壁加速

バイクが使用する特殊走法。
secretにより考案された。

壁跳ね

デビルが使用する特殊走法。
鎌倉により考案された。

下方射撃

地上で上に入力しつつプラズマスパークやプラズマレーザーを発射し、
地面を這うように弾丸を発射するテクニック。
ペリー考案。

仮飛行

バイク系専用の特殊走法。
スクーターのページ参照。
ペリー考案。

慣性保存の法則

衝突慣性を起こした後、地面に着地すると衝突慣性の方向に力が掛かり、
減速した上にその方向に弾かれるような現象が起きる。
基本的に衝突慣性を起こしてから1秒以内に着地すると起きると思われる。

観覧車死ね

アイルーンにおいて多用される文章。
慈悲は無い。

ギミック硬直

ギミックジャンプ終了後、カービィが白く光って止まる事がある。
これをギミック硬直という。
ジャンプギミックの手前にぶつかるとほぼ起こらない。
ギミック硬直が起こると、大きく減速するので絶対に起こさない事。

ギミックジャンプ

ギミックにより、機体を空高くジャンプさせる事。

ギャラ

ギャラックスの略。
ギャラドスではない。

急降下射撃

空中で2F以上のプッシュを行い、
プラズマスパークを斜め下方向に高速で発射するテクニック。
ペリー考案。

凝視

相手の画面を確認し、(ほぼ常時)行動を監視する対人向けの情報収集テクニック。
櫻風考案。

極限効果

VSデデデにおいて自分のHPが削れると相手に与えるダメージが上がる現象。

ゴキブリ

メタナイトの卑称。

ゴミ

道を塞ぐフラッピィやウィリーなどを指す。
プッシュしなければ行けないときにコイツらが突っ込んでくるなど、邪魔でしか無い時に用いる。
成功してる時に限って最後に取ってしまうと殺意すら芽生えてしまう。

ゴルジャンプ

ゴルボールを用いて自傷し、ダメージによって高く浮き上がるテクニック。
ペリー考案。

コンテナジャンプ

コンテナにのしかかるように機体をぶつけ、弾かれる事で高く浮き上がる事。
secret考案。

三角パネルor三角プレート

三角プレート
△の方向に向かって加速する。
連打するだけでその方向に向かって加速出来る。
さらに基本的に面積は広く、横滑りとの相性もいいので扱い易いプレート。コルダのダッシュアーチもコレ。

ジェットダッシュ

ジェットの専用特殊走法。

ジェットダッシュブーン

ジェットの応用走法。

シャッターオール

シティトライアルの城のシャッターイベントでオールアップが出た状態。
写真を撮ってしまうこと必至。

ジャンプギミック

大きくジャンプするギミックのこと。ヴァレリオンやサンドーラなど。
ここでポーズで止めるとカメラ操作がおかしいことになる。
ジャンプ中はまったく動けない。
A連打は出来るのでお互い全く動けないことを利用してニードルで敵を瞬殺できる。

十字

十字キーを扱った走法を指す。
十字飛行、十字弾きが代表的。

寿命

ウエライド、シティトライアルにおいて、落ちているアイテムが消えるまでの時間。
アイテムによって異なるが大体500F(8秒)程。

衝突慣性

空中で壁に当たった場合、逆方向に強力な慣性が起こり、弾き飛ばされる。
青い衝撃波のようなものが出る。

上昇加速

ターボの特殊走法。
実際には上昇していないのは内緒。
ペリー考案。

上方射撃

機体を上に傾け、プラズマスパークやプラズマレーザーを自分の少し上の水平方向に飛ばすテクニック。
ペリー考案。

スクリュー

横飛びと下降加速の複合走法。
モラクス考案。

スタースリップ

スリップストリームの判定に振れる事で加速する事。

ストリームリムーブ

通称ストリム。
エアライドにおける対人戦テク。

スピンソード

スピンする事により360度全方位にソードによる攻撃を行うテクニック。
レベルの高いCPUも使用する事から公式が意図したテクニックの模様。

スピンダッシュ

スピンをしながら壁にぶつかる事により、様々な恩恵を得る事を指す。
全マシン共通の走法でもあり、ルインズ、スクーターが使用する特殊走法の名称でもある。
性質は同じだが得られる効果は完全に異なる。

スピンジェットダッシュ

スピンダッシュとジェットダッシュの複合走法。

スピンプラズマ

スピンしながらプラズマアローやプラズマスパークなどの技を放つテクニック。
条件が整っていないと成功しない。
secret考案。

スリック

スリックスターの略。

スリップストリーム

マシン後方に出現する渦上の判定を指す。
これに振れるとスタースリップが発動する。

ズギャる

着地ミス(大)の事。ヴァレリオンで度々起こる。

石けん

スリックスターの事。
横滑りやカニドリ、さらには姿形までまさに石けんである。

ゼロジェットダッシュ

ジェットダッシュの応用走法。

走法レシピ

主にタイムアタックで使われる専門用語。
レシピを組む、レシピ改良など。
敵を利用したり、仕掛けの周期によって周ごとにルート考察をしなければならず、
綿密に計算して予め組まれたルートを走法レシピという。
フリーランでも使われる事があるが、こちらは単に走法とだけ言われる事が多い。

タイヤ

コピー能力のホイール。嘲りを込めた卑称として用いられることも。
ホイールの総合スペックはロケットやスリックと比べても遜色無い高さであり、中堅以下のマシンではタイムアタックのウィリーや
コピールーレット、果ては敵が重なりミックスが可能な場所なら大体の場所でホイールを取った方が速いという状況が生まれ、
マシンの個性が潰されてしまったと悲観するプレイヤーも少なくない。
しかしホイール自体は使いやすく爽快感もあるので、マシンとして嫌われているわけではない。

縦滑り

主にウィング、フォーミュラが使用する走法。
ロケットなども重要だが、上2体に比べると意味が少し異なる。

ダメージ

敵から受ける攻撃。

ダメージ硬直

ダメージを受けた際の硬直時間。

チクワ

チェックナイト+ワープの組み合わせ。TAクリアチェッカーは初心者達の難関として有名。

着地硬直

着地ミスした際に生じる怯み時間の事。
飛行時加速が起きなくなり、プッシュは出来るが機体が接地しなくなる。
そのためチャージが効かず、ギミックの作動も不可能。
しかしそのまま宙に浮いた時に急降下は可能。

着キャン

着地硬直キャンセルの略称。
主にジェットにおいて使用されるテクニック。

着地硬直キャンセル

着地硬直が起こっている状態でもう一度宙に浮き、すぐに着地することで飛行時加速が出来る体制に戻すこと。
まず着地硬直状態では「プッシュした時チャージが効かず、減速もしないが急降下は出来る」という仕様のため、
着地硬直が起こった場面でチャージが1ミリでも溜まるまでプッシュを長押ししておくと、
宙に浮いた時にすぐに着キャンが出来るため、着キャンを予め仕込むことが出来る。
着キャンできなくても着地硬直がなくなった確認が出来るが、1Fでも接地してしまうとその分減速するため注意が必要。
ごく一部でしか使われないテクニックだが、知識として持っておいてまず損はないだろう。特にジェットのTASでは乱用する。
ペリー考案。

デブ、デデデブ

デデデ大王を指す卑称。

特殊走法

通常の操作とは異なる操作を用いる走法をを指す。
そのマシンの個性を強調するものが多く、このゲームには無くてはならないものとなっている。

トルネイドバグ

コピー能力保存バグを指す。

ドリフト

横滑りしながらチャージを溜める事を指す。
どちらかというと一般的な曲がり方の事を指すようだ。

謎加速

ロケットの特殊走法。
他マシンも存在するには存在するものの、明確に走法に組み込めるのはロケットのみ。

ノード

nodeに由来。エアライドプレイヤー間ではマシンとステージの組み合わせを指す言葉として用いられる。

ハーフパイプ

コルダの終盤やチェックナイトの中盤〜終盤に存在するアレ。
外側の壁際が特殊な判定となっており、一定の速度でぶつかると宙に浮く。
また内側でカーブする場合はパイプダッシュが可能。
スピンをするとさらに浮きやすくなる。そのためスピンダッシュが実質不可能。
このような壁はプランテスとギャラックスを除く全ステージに存在しているが、
厳密に言うとハーフパイプでは無い。「ハーフパイプの性質を持った壁」が正しい。
「ハーフパイプ状の壁」などと度々表記され、スピンジャンプなどに使用される。

カニと並んでサンドーラの運要素を構成する仕掛け。ステージ最後に設置されているのが憎らしい。
スピン減速が少ないマシンならスピン回避を使うのも手。

ハングオン

バイク系が共通して使用出来る走法。
ペリー考案。

バウンド

ウィングの特殊走法。

バグ走法

通常の操作とは異なる操作を用いる走法
=特殊走法と呼ばれる中でも、ゲームの仕様などを度外視した(設定ミスによる)走法を指す。
代表的なのはAバグ。

パイプ加速(プッシュ連打加速)

チェックナイトの中盤のパイプにおいて、プッシュを連打すると加速すること。
スター系なら全てのマシンが使用可能。
動く部分の境目に機体の判定を押し付けることで、
左右の速度の矛盾によって軽いバグが起き、速度の変化が起こるものと考えられる。
ペリー考案。

パイプダッシュ

ハーフパイプでカーブする場合、プッシュを連打しながら内側に機体を押し付けると慣性により急加速させる走法。
基本速度が30km/hを超え、プッシュでさほど減速しないスター系のマシンが使用可能で、コルダにおいてはほぼ必須とされる。
k(ry考案とされる。

光加速保存

レール加速保存。

飛行時加速

飛行体勢に入った瞬間に加速する現象。

菱形パネルor菱形プレート

菱形プレート
マシンの向いている方向に向かって加速する。
面積は狭く、仕様上横滑りにも使いにくく扱いづらいプレート。
横滑りに使うには、加速後横を向くといった工夫が必要。
チェックナイトのダッシュパイプもコレ。

暴発

狙っても無いのに起こる現象の事。
スピンアタックが暴発する事はワールドレコーダー達の悪夢である。

ボムジャンプ

ボムによる「はかいのかえん」、もしくはセンサーボムによる爆風をスピンで回避し、
段差と爆風を利用して高く浮き上がるテクニック。
ペリー考案。

マグロ

マグヒート+ロケットの組み合わせ。

マグロは初手謎加速

RTAの投コメに書かれていた文章。
貴重だった謎加速が手軽に狙える等の謎の魅力があり、現在ではマグロTAにおける格言となっている。
ちなみにちゃんと走ればレールの周期に間に合えるらしいのでやる必要性は無いらしい。

シティトライアル。

街3強

ジェット、ルインズ、ドラグーンを指す。
初期から強化後まで活躍出来る上に、全てのスタジアムに対応出来る汎用性を誇る。
ただしジェットやルインズよりスペックが高いもののドラグーンは調達するのが運の為、他2マシンより評価は低め。

横滑り

スリック、デビルの特殊走法。
ワープ、ターボはどちらかと言うとドリフトに近い。
k(ry考案とされる。

予想限界値

実機から逆算される予想の理論値。
大体合ってる。

リサイクル

ウエライドにおけるテクニック。
リムーブと組み合わせて使うTAS向きのテクニック。
ペリー考案。

リムーブ

ウエライドにおける一般的なテクニック。

理論値

TASによるタイムを指す。

離陸時加速

→飛行時加速

レール加速保存

デブ以外のバイク系が共通で使用出来る走法。

レール慣性保存

レールに侵入する直前に起きた慣性は全てレール後まで引き継がれる。
つまり、壁にぶつかり右方向への慣性を起こす→すぐにレール突入(10秒)→レール脱出後、右に機体が動くと言った現象が起きる。
主にコルダで起こるので要注意。

レールダッシュ

レールに侵入する時に何らかの形で加速すること。
殆どのマシンは、機体を傾けた状態で急降下してレールに着地すると最大速度からレールをスタート出来る。
ジェットはジェットダッシュからすぐにレールに入ることで爆発的な速度が叩き出せる。
もちろんジェットは上記の普通のダッシュも使用可能なので両方の知識が必須となる。
スクーターはSDの終了1F以内に全く減速させずにレールに侵入できるタイミングがある。実機ではまず狙えない。

レックソ

レックスの卑称。

連鎖

ジェットダッシュによりジェットダッシュを誘発させる事。

ロングポンピング

一般的なテクニック。

ワゴンダッシュ

ワゴンの特殊走法。
比較的強力な部類に入るが地味でジェットダッシュの完全劣化。
がいあ考案。

A-Z

Cナイト

チェックナイト。チェックKはあまり見られない。
そもそもオーガンと違い、7文字は制限に引っかからない場合が多い。

CD

チャージダッシュ。滅多に使われない。

DJ

ダブルジャンプ。ディスクジョッキーではない。

DJD

ダブルジェットダッシュ。

DP

ダッシュパネル。ダッシュプレートと呼ぶ者も多く、
当Wikiでも表記揺れが見られるが、同じ物を指す。

DPX段踏み

X回踏み、X連踏みとも。文字通りダッシュパネルを複数回踏む。
スター系では連打でいいが、バイク系では踏んだ後に判定のある範囲から出てもう一回踏む必要があり、全く別の技術。2回が限度。
バイク系はがいあ考案。

FR

フリーラン。エアライドモードのフリーランを指す。

HSバウンド

ハイスピードバウンド。バウンドの応用走法。

JD

ジェットダッシュ。
女子大生と読める為TAS動画では度々ネタにされている。

JDB

ジェットダッシュブーン。

MJD

マルチジェットダッシュ。

LP

ロングポンピング。

OVH

オーバーヒート。

SD

スピンダッシュ。

SDJ

スピンダッシュジャンプ。

SJD

スピンジェットダッシュ。

SSD

ショートスピンダッシュ。

SSR

ソロ・シングルレース。他プレイヤーやCPUのいない、文字通りプレイヤー一人で走るシングルレース。
『Speedrider』での競技種目のひとつ。

SR

シングルレース。『Speedrider』ではソロ・シングルレースと
プレイヤー、CPU数自由のマルチ・シングルレースで競技として分化されている。

Sオーガン

スチールオーガン。文字数が足りない時などに使用。

S無し

SD無し。ルインズには殆ど使われず、専らスクーター用語。
この言葉を用いる際は殆どの場合でAバグも使わない。
SD無しでも4強に次ぐ強マシンレベルであると目される。

TA

タイムアタック。エアライドモードのタイムアタックを指す。

WR

ワールドレコード。世界記録。

  • 最終更新:2017-08-21 15:12:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード