ジェットスター

ジェットスター

性能表

※全て仮定値です。
能力値 数値 順位
地上最高速度 32.99km/h 16位/19位中
飛行最高速度 47.34km/h 17位/19位中
基本加速度 22.70km/h+ 9位/19位中
加速割合 68.8% 8位/19位中
基本旋回値 77 5位/19位中
基本飛行値 50 5位/19位中
重量値 83 4位/19位中
基本チャージ値 26 14位/19位中
実践チャージ値 30 14位/19位中
オーバーヒートタイム 00'02"70 13位/19位中
攻撃値 67 8位/19位中
間接攻撃補正 ±0% 4位/19位中
防御値 20% 3位/19位中
耐久値 200 7位/19位中

長所

  • 代名詞でもある、専用特殊走法「ジェットダッシュ」が非常に強力。
  • とにかくお手軽で超強力、応用も効かせやすく、「スピンダッシュ」と並んで最強の特殊走法と名高い。
  • 滑空中にチャージが高速で溜まるため、こちらも幅広く応用が効く。
  • やる事が分かりやすい為、エアライド4強の中では2番目に使いやすい。
  • 全マシン中最高の飛行自由度。機首の上下速度が絶妙に速く、固定型。更に上下角度が大きいため自由自在に操作出来る。
  • そこそこ重い為体当たりやプッシュアタックは強力。ジェットダッシュと合わせると大抵のマシンを即死させる凶器となる。
  • 能力値の成長幅が非常に高く、初期性能も申し分無い。

短所

  • 極めるならば高い動体視力と瞬時の判断能力が必要となる。
  • ミスした時のロスが非常に大きい。
  • リスクとリターンの兼ね合いが難しく、綿密なレシピ設計が必須となる。
  • 地上でのチャージが遅く、やや使いにくい。
  • 仕様を理解していないとシティトライアルでは使いこなせない。

概要

時間制3分、スチールオーガンで2000m以上走ると出現。

最高速、チャージ以外の全ての能力値が高めに設定されている。
特に加速が優れており、デビルに次ぐほど。
低い最高速も特殊走法ジェットダッシュで補えてしまう。

チャージの溜まるスピードはロケットと同じとかなり遅めで使いにくい。

ジェット自体の特徴として、飛んだ瞬間大幅に加速する。
この大幅加速を利用したのがジェットダッシュである。
また、飛行中の旋回が非常に高く設定されており、何とドラグーンを抜き全マシンでトップ。
飛び立った瞬間からほぼ真上に飛ぶ事が出来るのは大きな長所。
ジェットダッシュやダブルジャンプによって助走を付けるとさらに高く飛べる。サンドーラは大きく差が出る。
とにかく飛行中の自由度が高く、滑空時間も割と長いので慣れてしまえば行けるところはほぼ全て行けるようになる。

加速するのは一瞬の為、飛び立つ瞬間は水平にしておくとレースにおいての距離的な効率が最大になるので、覚えておいて損は無い。
飛び立つ瞬間に機体を上に向けておくと上方向に加速するので、高く飛べるようになる。
下に向けるメリットはほぼ無い。ほんの少しの段差で飛ぶ時に、1Fでも速く着地する時くらいか。

走法

基本的にジェットダッシュを駆使してステージを駆け抜ける。
チャージの遅さ、最高速の低さ、加速の高さが弱点だが、それを補って余りある長所がある。

チャージの使用場面は通常のカーブや、
無理矢理ジェットダッシュしたいところなどで使用する。
そもそも性能上ポンピングをかなり多用するので他のマシンに比べて殆どお目に掛かる事がないが。

さらに追い打ちを掛けるかの如く、
高い加速のおかげでスタートダッシュではチャージを使用するよりチャージをしない方が速い。
スタートダッシュはチャージを少しだけ貯めて、スタートした瞬間に離す。
そのため他のマシンに比べてスタートダッシュが多少難しいかもしれない。

滑空中はチャージがかなりのスピードで溜まっていく。
溜まったチャージは着地した瞬間一気に解放され、大きく加速する。

この恩恵も強いため、飛ぶ時はジェットダッシュか滑空かの2択を迫られる。
どこでどうした方が速いかは自分で調べるのがてっとり早くてわかりやすい。

ジェットダッシュ

専用走法。
使用方法は段差から飛び出した瞬間に着地するだけ。
すると本来空中では一瞬で戻ってしまうはずのスピードを維持できてしまう。

空中減速率>地上減速率を上手く利用した走法といえる。

飛び出したら即着地を心がける。
当然だがより速いタイミングで着地すれば速度は上がる。
さらに、連続で使用することでどんどんスピードが増していく。ヴァレリオンやサンドーラでは特に顕著。
ジェットダッシュする際はジャンプ台は地面との高さが低ければ低いほど良い。
チェックナイトなど、高いところから飛ぶよりも僅かな段差で飛ぶ方がタイム差が出る事を覚えておこう。特に序盤。

ジェットダッシュを使う際は距離効率を頭に入れておく事。
ジェットは滑空性能が全マシンでもトップクラスに高いため、
瞬間的な速度が出ても結果的に滑空>ジェットダッシュとなる場面は少なく無い。
滑空する事によりジェットダッシュでは出来ないところでジェットダッシュする事が出来る場面もある。

ダブルジェットダッシュ

上記のジェットダッシュの応用版。非常に短い間隔でジェットダッシュを連続で行う、
ジェットダッシュとダブルジャンプの複合走法。
これにより、一気に150km/h程まで加速する。

当然滑空に繋げて飛距離を伸ばしたり、着地して猛スピードで駆け抜けたり。
サンドーラの2連ギミックをあっさり飛び越えたりも出来る。
使用場面は少ない上、難易度が高いところが多いがやる価値は多いにある。

着地ジェットダッシュ

ジェットの基本的な応用走法の一つ。
滑空からの着地による加速を利用して普通では飛べないような小さな段差や急な坂道、下り坂の始点、昇り坂の終点などで飛ぶ走法。
基本的にジェットダッシュに繋げるが、滑空へと繋げた方が有効の場合もある。

壁当てジェットダッシュ

応用版その2。壁当て飛行や壁加速等とは全く別物と考えたほうがいいだろう。
パイプジャンプもこの走法の一部と考えられる。
やり方はそれなりの速度と適当な角度で壁にぶつかるというだけのこと。
これは多くのステージで使える技なので覚えておきたいところ。

それなりの速度と言っているのは場所によって、
必要な速度と角度が変わってくるから。
使用例はジェットの動画をよく見ると割とすぐに見つかる。

スピンジェットダッシュ

応用走法である壁当てジェットダッシュをさらに応用した走法。
上記のジャンプポイントに向かって入射角度を合わせてスピン状態で当たると、ほぼ確実に浮き上がる。
これでしか浮き上がれない場面も存在する。
ただしスピン状態で当たる事になるため、そのままジェットダッシュするよりも滑空に繋げた方が効果がある場面が多い。

壁当てJDの失敗を前提条件として使う場面が多い走法で、もしもの時の応急処置としての使い方が基本。

ゼロジェットダッシュ

即着地JD。
JDの加速判定が起きたフレームに着地。この為見た目ではJDが起きた事すら分からない。
横に飛び出すタイプのJDが出来る場面なら理論上全ての場面で使用出来る。
基本的にこれを行った後は慣性保存などによる強制的なX軸の機体移動が無い限り着地ミスが起こるので、連発はしにくい。
実機でもたまに起きるため、その存在だけは2012年頃から知られていたが、ほぼTAS専用の走法と言っても良いだろう。

ジェットダッシュブーン

ジェットダッシュとトルネイドバグとホイールという3つを組み合わせた応用走法。
ギャラックスで大幅にタイムを縮める事が出来るが、下準備が大変な上にフレーム単位の綿密な最適化が求められる。
着地時の加速を合わせる事でさらに速度を底上げする事が出来るが、
更にダブルジャンプと組み合わせると速度を維持しつつ非常に高い位置を飛べる。高すぎてギャラックスでは天井に当たる。
成功時は飛距離伸ばしとYPSを忘れずに。

詳しい解説は下記のリンク先を見ていただいた方が早いだろう。動画付き。

シティトライアル

ほぼ全てのステータスの初期能力・上昇幅どちらにおいても非常に優秀。
序盤はサイコウソク、センカイ、チャージが低いため慣れていないとやや集めづらい。

攻撃面や耐久面においても優遇されており、デスマッチなどでも活躍が見込める。
不利なスタジアムは一切無い為平均的に成長させればどんな使用にも耐えうる事が出来る。

カソクが元から高い上、上昇幅がルインズに次いで高いため減速のしやすさはピカイチ。
ロケットと同じくカソク調整が必要だろう。

ジェットダッシュも強力に作用し、開始直後から終盤まで、凄まじいスピードで街を巡る事が出来る。
あらゆる面で隙が無い為、シティではルインズスタードラグーンと並んで3強とされている。

初期値評価

サイコウソク、チャージは平均以下。
他の能力は高水準で纏まっている。
攻撃能力に関しても元の攻撃力が高い上、スタースリップの恩恵を大きく得られ、前への判定が大きいので当てやすい。
ジェットダッシュの速度を乗せれば大ダメージを見込める。

強化値評価

初期能力が高いのに上昇幅が非常に大きい。
飛行最高速とチャージ以外の能力は変態的な成長を見せる。
特に加速と地上最高速は著しく伸びる。

前述のとおり加速の成長幅が非常に高く、減速しやすくなってしまう点は要注意。
基本的には最高速の-2以下をキープしておきたい。

また、エアグライダーなどの空を飛ぶ競技では重さの取りすぎにも要注意。
こちらも恐ろしく成長スピードが早く、飛行をまともに取っていないと全く滑空できずに墜落する。
反面マイナスオモサを取ったときの反動も大きいため、飛行系競技では優先的に取得したいところ。


総評

4強の一員。
エアライドFRを代表するマシンで、TAのロケットと双璧を成すマシンである。

特殊走法であるジェットダッシュが非常に凶悪。
段差に入るだけで最高速が低いという弱点が無くなる。

これをまともに使用出来ないギャラックスはともかく、
他のステージではかなり上位、場合によっては最速だったりする。

動画などを見ればわかるが、ぶっちゃけ全てジェットダッシュのおかげである。
さらに、他の能力もかなり高く、攻撃力も高いので生半可なマシンでは一撃で殺されたりする。

ただし操作難易度は高めで、相当に高い実力が問われる。
4強の中ではスリックと同レベルと言ったところか。

総合ランクではギャラックスのせいでスクーターに一歩譲るが、
ギャラックスさえ除けばスクーターと同レベルとそのスピードはずば抜けている。

シティでも間違い無く今作の最強クラスのマシンの一つと自信を持って言えるだろう。
走行性能、飛行性能、攻撃性能、耐久性能全てに置いて非常に高水準。
操作性も優秀の一言で、最終的に弱点と言える弱点がまるで無いような凶悪なマシンと化す。
加えて特殊走法は全マシンの中でも最強とも言えるような性能を持つ。
ただ、成長させすぎると他のマシンに比べて制御が段違いに難しくなる点は注意。

  • 最終更新:2017-03-28 03:40:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード