エアグライダー

概要

マシンで飛んだ飛距離を競うゲーム。
滑走路として中距離の直線が続き、最後に短い加速装置が5つ並ぶ。
この加速装置は菱形プレート式なのでスリックなどは注意。
加速に気を取られA連打をしすぎて飛び立った瞬間に落下してしまわないように。
飛行中は謎の浮力が発生しており(スチールオーガンのプロペラと同意義)、
普通よりも遥かに高く、長く、遠くまで飛ぶ事が出来る。
ヘビー、ロケット、スリックなどは露骨に影響を受けるが、
フォーミュラや所謂バイク系などは全くといっていい程影響を受けない。
また、800mを越えたあたりから飛行速度が大きく減少する。
これは向かい風であり、実際800m以上で逆走すると減少分が追加され、速くなる。

強化された能力値、個人の実力、選択した機体という3つの要素が顕著に現れる為、特に人気の高いルール。

ステータス考察

ヒコウはバイク系以外は出来ればカンストまで回収しておきたい。
速度の底上げとなるサイコウソクはほぼ必須。
カソクはマシンの性能に合わせて調整しておきたい。壁当てを使うマシンなら回収は必須となるだろう。
オモサに関しては軽くすると基本的に飛距離が伸びる。
既にカンスト出来るほどの能力値を回収していた場合、大会などの対人戦ではカンスト到達タイムで勝敗を決める場合もある為調整しておこう。
コウゲキボウギョタイリョクの戦闘三項目に関してはあれば嬉しいという程度。

マシン考察

飛行することのデメリットの薄いスター系が有利となる。
強化さえすれば、バイク系以外全員カンストが可能。
そこに至るまでのプロセスの面倒さで大分差が出るため、そこで有利不利が分かれるだろう。
また、対人戦ではカンストまでのタイムが求められることが多い。
カンストのしやすさだけでいうとドラグーンと、バグ前提だがヘビースターの2つとなる。

  • 最終更新:2016-07-13 07:24:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード